たるみが気になるときはメスを使わないリフト治療がおすすめ

サイトメニュー

美容整形に必要な準備

女性

知っておくと役に立つ美容整形

今や美容整形外科の技術は革新的とも言えるぐらい進化しており、日帰りでの手術が可能なものも珍しくありません。美容整形外科を専門とする整形外科医が海外で更なる技術を身につけていることも多く、痛みを伴わない施術方が確立しているほどです。ただし注意したい点としては未成年者(19歳以下)の人が美容整形手術を希望する場合は、本人の意思だけで手術を受けることはできません。何日かの入院が必要な手術も、たとえ入院を必要としない手術であってもそれは同じです。そのため19歳以下の場合は、銀座にあるクリニックでも必ず保護者の同伴を求めています。未成年者が銀座の美容整形クリニックに一人で行き、断られたからと言って他のクリニックに行ったとしても結果は同じです。ただし保護者が記入した同意書があれば、同伴が無くても美容整形外科施術を受けることができます。ですが高校生以下は同意書があっても、受診には保護者が必ず同伴する必要があります。親の承諾なしに未成年者が美容整形外科手術を受けることはできないということを、未成年者は知っておくことが大切です。

銀座には美容整形外科クリニックが多数ありますが、そのほとんどが予約制を採用しています。特に未成年者が初めて美容整形外科を訪れる場合、同伴した保護者に親権者の同意書作成の説明などが必要となるからです。もちろん施術にあたって、担当医ときちんと相談する時間を取ることは大変重要となります。美容整形外科を受診すると決めたら、まずは電話で予約を取っておくようにしましょう。来院後は治療内容や施術方法について医師がカウンセリングを行いますので、アレルギーや皮膚疾患があるようならきちんと伝えられるようにしておくことが大切です。また銀座に限らず美容整形外科は保険が適用されませんので、支払方法についても相談する必要性があります。もしもローンを組むことを考えているのなら、住所が一致している運転免許証かパスポート、健康保険証などの身分証明書を持参します。また指定金融機関の通帳またはキャッシュカードと、金融機関で登録した銀行届出印も必要となります。目元の施術終了後はコンタクトレンズが使えなくなりますので、レンズケースやメガネを忘れずに準備しておきましょう。

Copyright© 2020 たるみが気になるときはメスを使わないリフト治療がおすすめ All Rights Reserved.